※本資料は、SDP-RIP用途で使用しているWindows 7機(Endeavor AT980/Endeavor AT990/Endeavor AT991/Endeavor AT992)が対象となります。

Windows Update実行後、以下の症状が報告されています。

  • フロントPCから出力用のスプールフォルダ(共有フォルダ)にアクセスできない
  • フロントPCにて、SDP-RIP Manager Clientが起動しない
  • ネットワークの接続エラーが発生する

SDP-RIP用コンピュータにて、以下の作業を行ってください。

Windows Update更新履歴の確認
更新プログラムのアンインストール
更新プログラムの非表示

Windows Update更新履歴の確認

  1. スタートボタン>コントロールパネルを右クリックして「開く」をクリックします。
    win7_update_trouble_01
  2. 表示方法を「小さいアイコン」に切り替え、Windows Update項目をクリックします。
    win7_update_trouble_02
  3. 画面左上の「更新履歴の表示」をクリックします。
    win7_update_trouble_03
  4. 更新履歴の一覧が表示されます。
    「インストール日」の文字を2回クリックすると、日付の新しい順にソートされます。
    接続できなくなった日の当日~数日前の履歴を確認し、「KB」から始まる番号を控えます。
    win7_update_trouble_04
  5. 「OK」ボタンをクリックし、Windows Update画面に戻ります。

更新プログラムのアンインストール

  1. スタートボタン>コントロールパネルを右クリックして「開く」をクリックします。
    win7_update_trouble_01
  2. 表示方法を「小さいアイコン」に切り替え、Windows Update項目をクリックします。
    win7_update_trouble_02
  3. 画面左下の「インストールされた更新プログラム」をクリックします。
    win7_update_trouble_05
  4. 右上の検索ボックスにWindows Update更新履歴の確認で確認した更新プログラムの番号を1つ入力します。
    ※検索結果が表示されない場合は、検索ボックスを一旦空欄にして時間を置いてください。
    ・「KB4503292」がインストールされていると、MacOS10.8~10.9から接続できない症状が報告されています 2019/06/17
    ・「KB4507449」がインストールされていると、MacOS10.8~10.9から接続できない症状が報告されています 2019/07/11
    win7_update_trouble_06
  5. 更新プログラムをクリックし、「アンインストール」ボタンをクリックします。
    win7_update_trouble_07
  6. アンインストール後、PCを再起動します。
  7. PC起動後、編集機PCからSDP-RIP PCに接続します。
    接続できない場合は本項1.に戻り、別の更新プログラムの番号をアンインストールします。
    接続可能になるまで本手順を繰り返します。

更新プログラムの非表示

接続できない原因の更新プログラムを特定できた場合、再インストールしないように非表示を行います。

  1. スタートボタン>コントロールパネルを右クリックして「開く」をクリックします。
    win7_update_trouble_01
  2. 表示方法を「小さいアイコン」に切り替え、Windows Update項目をクリックします。
    win7_update_trouble_02
  3. 画面左上の「更新プログラムの確認」をクリックします。
    ※読み込みには数分~数時間かかる場合があります。
    win7_update_trouble_08
  4. 読み込み終了後、「○個の重要な更新プログラムが利用可能です」をクリックします。
    win7_update_trouble_09
  5. インストール可能な更新プログラムの一覧が表示されます。
    各更新プログラムの右上に出る番号(KB○○○○○○○)を確認し、該当するプログラムを右クリック>更新プログラムの非表示をクリックします。
    win7_update_trouble_10
  6. 「OK」ボタンをクリックします。