※本資料は、SDP-RIP用途で使用しているWindows 10機(Endeavor AT993EDIA9/Endeavor AT992EDIA8b/Endeavor AT993EDIA9/Endeavor AT993DIA10)が対象となります。

2017年4月以降配信されているWindows 10のWindows Update(またはCreators Update)実行後、以下の症状が報告されています。

  • フロントPCから出力用のスプールフォルダ(共有フォルダ)にアクセスできない
  • フロントPCにて、SDP-RIP Manager Clientが起動しない
  • ネットワークの接続エラーが発生する

SDP-RIP用コンピュータにて、以下の項目をご確認下さい。

Guestアカウントの確認
ネットワーク設定の確認
Windowsファイアウォールの確認
SMB 1.0/CIFSサーバーの確認 2018/03/27作成
ローカルグループポリシーエディターの確認 2019/07/25更新
品質更新プログラムのアンインストール 2019/08/19更新

Guestアカウントの確認

  1. デスクトップにある「PC」アイコンを右クリックし、「管理」を選択します。
    win10_creators-update_trouble_01
  2. 「コンピュータの管理」画面左側の「ローカルユーザーとグループ」>「ユーザー」を展開し、右側に表示された「Guest」をダブルクリックします。
    win10_creators-update_trouble_02
  3. 「Guestのプロパティ」画面の「アカウントを無効にする」チェックボックスがオンの場合はオフにします。
    win10_creators-update_trouble_03
  4. 「OK」ボタンをクリックし、「コンピュータの管理」画面は「×」ボタンをクリックして閉じます。

ネットワーク設定の確認

  1. デスクトップにある「ネットワーク」アイコンを右クリックし、「プロパティ」を選択します。
    win10_creators-update_trouble_04
  2. 「ネットワークと共有センター」画面中央にあるネットワーク設定の表記が「プライベートネットワーク」になっている場合は特に問題ありません。
    ※「パブリックネットワーク」の場合は3.項以降をご確認下さい。
    win10_creators-update_trouble_05
  3. スタートボタンから「設定(歯車)」ボタンをクリックします。
    win10_creators-update_trouble_06
  4. 「Windowsの設定」画面にて「ネットワークとインターネット」をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_07
  5. 「イーサネット」項目のネットワークアイコンをクリックします。
    win10_creators-update_trouble_08
  6. 「このPCを検出可能にする」チェックボックスを「オン」に切り替えます。
    win10_creators-update_trouble_09
  7. ウインドウは「×」ボタンをクリックして閉じます。

Windowsファイアウォールの確認

  1. デスクトップにある「コントロールパネル」をダブルクリックします。
    ※コントロールパネルがない場合はこちらをクリック
  2. 「コントロールパネル」画面右上の表示方法を「小さいアイコン」に切り替え、「Windowsファイアウォール」をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_10
  3. 「Windowsファイアウォール」画面左側の「詳細設定」をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_11a
  4. 「セキュリティが強化されたWindowsファイアウォール」画面左側の「受信の規則」をクリックします。
    プロファイルが「プライベート」のもので、有効欄が「いいえ」または操作欄が「ブロック」になっているものがないか、ご確認下さい。
    win10_creators-update_trouble_12

    以下の名称はSDP-RIPへ出力するために必要なサービスとなります。
    ・Core SOAR Services
    ・Interpreter and renderer for multiple PDLs
    ・License Manager
    ・LPD Service
    ・SDP-RIPManager Server
    ・Sentinel License Manager
    ・SOAR Control
    ・ファイルとプリンターの共有(SMB受信)
    ・ファイルとプリンターの共有(Spooler Service – RPC)
    ・ファイルとプリンターの共有(スプーラーサービス – RPC-EPMAP)
     
    ブロックされているサービスがある場合は、該当するサービス名をダブルクリックし、「プロパティ」画面を開きます。
    全般タブの操作欄にて「接続を許可する」に切り替えて「適用」ボタンをクリックします。
    win10_creators-update_trouble_13
    ※記載されている以外のサービスがブロックされている場合は、お手数ですが技術サポートデスクまでお問い合わせ下さい。

  5. 全て「×」ボタンで終了します。

SMB 1.0/CIFSサーバーの確認

Windows 10 Fall Creators Updateにより、SMBv1プロトコルで接続されていた旧式のPCからWindows10にアクセスできない症状が報告されています。

【対象】
・Windows XP/Windows Server 2003以前のフロントPC
・MacOS10.8以前のフロントPC

SDP-RIP用コンピュータにて以下の手順でSMBv1機能を有効化し、再度接続をお試し下さい。

  1. デスクトップにある「コントロールパネル」をダブルクリックをして開きます。
    ※デスクトップにない場合はこちらをクリック
  2.  

  3. 「コントロールパネル」画面右上の表示方法を「小さいアイコン」に切り替えた上で、「プログラムと機能」をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_14
  4.  

  5. 「プログラムと機能」画面左上の「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_15
  6.  

  7. 「Windowsの機能の有効化または無効化」画面内の「SMB 1.0/CIFSファイル共有のサポート(SMB 1.0/CIFS File Sharing Support)」を展開し、「SMB 1.0/CIFSサーバー(SMB 1.0/CIFS Server)」チェックボックスをオンにし、「OK」ボタンをクリックします。
    win10_creators-update_trouble_16

    追記:Windows Version1809以降、「SMB 1.0/CIFS自動削除」という項目が追加されています。
    SMBv1プロトコルで接続しているPCがあるお客様はこのチェックを外してください。
    win10_update_trouble_36

  8.  

  9. SDP-RIP用コンピュータを再起動します。

再起動直後も継続して接続できない場合があります。
その際は、数分程度時間を開けてから改めて接続をお試し下さい。

ローカルグループポリシーエディターの確認

ローカルグループポリシーエディターのゲストログオンが無効になり、接続トラブルが報告されています。
SDP-RIP用コンピュータにて以下の手順でゲストログオン機能を有効化し、再度接続をお試し下さい。

  1. スタートボタンを右クリック>[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_17
  2. ファイル名を指定して実行画面で以下を入力します。
    gpedit.msc

    win10_creators-update_trouble_18

  3. 「ローカル グループ ポリシー エディター」画面が開きます。
    左側の一覧のうち、コンピュータの構成>管理用テンプレート>ネットワーク>Lanmanワークステーションを選択し、右側の一覧の中から「安全でないゲスト ログオンを有効にする」をダブルクリックします。
    win10_creators-update_trouble_19
  4. 「無効」から「有効」に切り替え、「OK」ボタンをクリックします。
    win10_creators-update_trouble_20

品質更新プログラムのアンインストール

毎月行われる品質更新プログラムの影響でMac PCから接続できないトラブルが報告されています。
恐れ入りますが以下の手順で品質更新プログラムのアンインストールを行ってください。

品質更新プログラムの履歴確認
品質更新プログラムのアンインストール
品質更新プログラムの非表示ツールの使用
前準備(初回のみ)
非表示ツール使用方法

品質更新プログラムの履歴確認
  1. スタートボタン>設定(歯車の絵)をクリックします。
    win10_update_trouble_21
  2. 画面下部の「更新とセキュリティ」をクリックします。
    win10_update_trouble_22
  3. 右側にある「更新の履歴を表示する」をクリックします。
    win10_update_trouble_23
  4. 品質更新プログラム項目の中で、数日以内にインストールされた更新プログラムの「KB」から始まる番号を控えます。
    ※数字はその月によって異なります。
    win10_update_trouble_24
  5. 設定画面を×ボタンで閉じます。

戻る

品質更新プログラムのアンインストール方法
  1. デスクトップにある「コントロールパネル」をダブルクリックします。
  2. 表示方法を「小さいアイコン」に切り替え、「プログラムと機能」をクリックします。
    win10_update_trouble_25
  3. 左上にある「インストールされた更新プログラムを表示」をクリックします。
    win10_update_trouble_26
  4. 更新プログラムの一覧が表示されます。右上の検索ボックスに控えた更新プログラムの番号を入力します。
    ※弊社では以下の更新プログラムがインストールされていると、Mac機から接続できない症状が報告されています
     
    KB4503327、KB4501375、KB4507469、KB4507435、KB4503286、KB4503293、KB4511553、KB4507466

    (最終更新日:2019/8/19)
    win10_update_trouble_27

  5. 表示された更新プログラムをクリックし、上に表示されるアンインストールボタンをクリックします。
  6. アンインストール後、PCを再起動します。起動後、編集機のPCから接続をご確認ください。
    ※原因の更新プログラムの番号を特定するため、更新プログラムのアンインストール+再起動の作業は1つずつ行ってください。

戻る

品質更新プログラムの非表示ツール

上記作業で接続不良が解消しても、そのままではまた更新プログラムがインストールされます。
原因の更新プログラム番号が特定できた場合、その更新プログラムのみ非表示にすることが可能です。

前準備(初回のみ)
  1. スタートボタンを右クリック>[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
    win10_creators-update_trouble_17
  2. ファイル名を指定して実行画面で以下を入力します。
    gpedit.msc

    win10_creators-update_trouble_18

  3. 「ローカル グループ ポリシー エディター」画面が開きます。
    左側の一覧のうち、コンピュータの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows Updateを選択し、右側の一覧の中から「自動更新を構成する」をダブルクリックします。
    win10_update_trouble_28
  4. 左上の「無効」ボタンを選択してOKボタンをクリックします。
    win10_update_trouble_29
  5. インターネット可能なPCにてGoogleやYahoo!を開き、以下を入力します。
    ※検索できない場合は6)項のURLにアクセスします。

    wushowhide

    win10_update_trouble_30

  6. 検索結果上部にある「ドライバーの更新プログラムが Windows10 に一時的に再インストール …」をクリックします。
    ※サポートサイトではこちらから直接アクセス可能です。
    win10_update_trouble_31
  7. ページ内の「自動更新を選択する」項目にある「トラブルシューター」をクリックし、リンク先のwushowhide.diagcabファイルをダウンロードします。
    ※ダウンロードの仕方はご利用のブラウザによって異なります。
    win10_update_trouble_32
  8. SDP-RIP PCの任意の場所(デスクトップ可)にwushowhide.diagcabをコピーします。

戻る

非表示ツール使用方法
  1. デスクトップに用意したwushowhide.diagcabをダブルクリックします。
  2. 「次へ」をクリックします。読み込みが終わるまでそのままお待ちください。
    win10_update_trouble_33
  3. 「Hide updates」をクリックします。
    win10_update_trouble_34
  4. 更新プログラムが表示されましたら、先程アンインストールした番号を探し、チェックボックスをオンにして「次へ」をクリックします。
    ※非表示にする番号はその月によって異なります。
    win10_update_trouble_35
  5. 完了画面になりましたら、右下の「閉じる」ボタンをクリックします。
    win10_update_trouble_35

戻る